風景

有意義に寄付ができる

かに

国が徴収する税金とは異なり、ふるさと納税は寄付金の使い道もはっきりわかるため人気です。たくさんの人から寄付されたふるさと納税のお金は、地域で行なわれる行事の費用や公共施設の建設のためのお金、さらには地方独自の取り組みのためのお金として利用されます。地域の復興のために寄付を行なえるほか、地域が推し進めている制度の後押しをするためにふるさと納税を寄付することもできます。寄付によって新しい便利な制度が採択されれば、その地方をモデルケースとして、全国的に他の地域でも採用されるようになります。支援している制度へふるさと納税を寄付すれば、全国的に抱えているさまざまな問題や生活を豊かにする制度が、自分の住む地域にも導入される可能性もあるのです。人気ランキングで寄付される制度といえば、動物の殺処分をゼロにする制度や、子育て世帯のための保育所設立を支援するための寄付です。使い道を調べれば、節税ができるだけでなく、有意義な寄付ができるでしょう。

人気ランキングでも上位に位置しているのが、震災被害にあった地域のふるさと納税です。東日本大震災や熊本地震など、日本国内では多くの震災被害がもたらされています。未だに復興の目処が立っていない地域もあるので、被害地域の人の暮らしなどが気になっている人も多いでしょう。ふるさと納税でこうした被害地域に寄付を行なえば、復興支援を後押しすることができるでしょう。地震への復興に関する募金の中には、寄付額を被害地域に届けずそのまま横領してしまうような募金もあります。確実に被害地域へと募金を行ないたいと考える人にも、ふるさと納税の活用は人気なのです。